HOME > Articles-written by Chisai FUJITA (EN/JP)

about KARASUTEI / 烏亭
Text writting(JP/EN) : Chisai FUJITA(Art-Writter)
執筆(日本語/英語) : 藤田千彩(アートライター)

"KARASUTEI" is a group of artists that got its name from combining the artists Hidetada Karasuyama and Jun Azumatei started the group in 2010. Their activities consists of installations and live performances.

「烏亭(からすてい)」は、美術家の烏山秀直と東亭順が2010年に結成したアートユニットです。彼らはパフォーマンスをもとにして、インスタレーション制作やライブを行っています。

KARASUTEI ENJYO Live Performance
2&3 April 2016 / Miyakobashi Echo’s in Yokohama

KARASUTEI had a live performance using candles in a small bar in Yokohama city, Japan. KARASUTEI and the viewers set fire to the candles on the stainless wheel. In an unspecific location a lot of people came, talked, drunk alcohol together and took part in the performance.
In common understanding among the people of the world, the fire of candles represents joy and it is used in prayers.   
After the performance is finished the leftovers that the melted wax piles and burned tray become the another artwork.


KARASUTEI ENJYO Open Studio
4 April-7 June 2016 / BankART1929 in Yokohama

KARASUTEI is not tied to an existing system so the exhibition can display the completed artwork. Having a process for making artworks is important for them you make a point and show their complete performance.
They worked there with such dedication, like children’s dedication to their game.
They participated in the Open Studio, BankART1929 where 50 artists create artworks. In this indoor space, KARASUTEI continued to lit candles. They placed the candles on two wheels made of stainless steel, one parallel to the table and another vertical to it hanging by a wire.
During their stay there, they continued to light candles.
Day by day their experience was unique, the direction of the wind changed, the flame became bigger or smaller and the melted candles continued to pile. Some people, interested in art gathered at the KARASUTEI’s space. It is like children showing their game to other children.
KARASUTEI considers as art both the making process and the end result of it.



烏亭炎上 ライブ
2016年4月2日、3日 / 横浜都橋商店街 Echo’s

 横浜野毛エリアを流れる大岡川のほとりにある、小さなバー。
烏亭や観客たちは、ステンレスでつくられた輪に設置されたロウソクへ、火をつけていく。
 どんな国や町であっても、ロウソクの火は「よろこび」を表し、「祈り」の儀式を想起させるものだ。
バーという場所柄、いろいろな人たちが出入りしていく中で、お互い会話を交わし、酒を飲みながら、このパフォーマンスに参加した。
 やがて、溶けたロウは層となり、焦げ跡が生まれて、新たな作品が生まれた。


烏亭炎上 公開制作
2016年4月4日-6月7日 / 横浜馬車道 BankART1929

 烏亭は「展覧会=美術作品を完成させ、展示する」構図に縛られない。
なぜなら、烏亭にとって作品制作の過程こそ、ライブパフォーマンスであり、アツくてクールな見せ場であるから。
まるで子どものころ夢中になった「遊び」のように、烏亭はこの公開制作に臨んだ。
 公開制作の場であるBankART1929には、同時期に50組のアーティストが滞在し、それぞれのスタジオとして場所が区切られる。
与えられた室内空間で、ロウソクと火を素材にする烏亭。ステンレスでつくった2つの輪にロウソクを設置し、それらをワイヤーで「水平」と「垂直」に吊った。期間中、彼らはずっとロウソクに火を灯し続けた。
火をつけると、ロウソクから炎が上がる。溶けていくロウもあれば、不完全燃焼で垂れたり、輪から落ちていくロウもある。
日によって、風の有無も手伝って、炎は大きさを変える。少しずつ何かが違う毎日が過ぎていく。時間経過とともに、溶けたロウは山のように積み重なり、焦げ跡がたくさん残った。
 やがて烏亭のスタジオ空間に、人が興味を持って集まるようになった。まるで子供たちが遊びを見せ合ったり、共有するように。
  烏亭にとって、公の場で制作過程を見せることが作品である。溶けたロウソクや焦げ目という残されたモノだけを、彼らはもはや作品とは呼ばない。